CentOSをネットワークインストール

2008-02-27
このエントリーをはてなブックマークに追加

いまどきのLinuxってディスクが5~6枚あるので、焼くのが大変だったんですよね。まぁ全部焼かなくてもいいのですが、つい全部焼いておいてしまう。

で、今回CentOSのマシンをセットアップするのにネットワークインストールなるものを試してみました。これがもうカンタンラクチン。

CentOSのisoをダウンロードする際に「CentOS-5.1-i386-netinstall.iso」(今回はCentOS5を使用)を選択してダウンロード。このISOをCDに焼きます。

あとはCDブート、途中まではいつもとおんなじです。

「Installation Method」、インストール方法の選択画面で「http」か「ftp」を選択するだけ。今回はftpを利用しました。

ネットワークの設定は自動にしちゃって、ftpサーバの指定は「ftp.riken.jp」(理研さん、ありがとうございます)。ディレクトリは「/Linux/centos/5/os/i386」、「Use non-anonymouse ftp」にはチェックを入れません。

ここ以降は通常のインストールのまんま。変わりはありません。勝手にファイルをダウンロードしてインストールしてくれます。

OSのメディアなんて何度も使うものじゃないから、これはすっごく便利です。

Tags: ,

C#で文字列が整数値か判定する

2008-02-11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Parseしてcatchするかどうかの判定でもいいのですが、いまいちスマートじゃないなぁと。

そしたら2.0からTryParseなるメソッドが追加されていました。
いやー、不勉強ここにいたるという感じですな。

int intReturn;
Console.WriteLine (int.TryParse(“hoge”,out intReturn));

上記例だとFalseが出力されます。

第一引数”hoge”が整数か否かを判定して、「ちげーよ」っていう結果が出てるんですよね。整数だったらTrueが返ります。boolです。

また、Falseの場合にはintReturnに「0(ゼロ)」がセットされます。Falseの0なんですけど、何に使うのかがわかりませんでした。せめて初期値を指定できて、Falseならその値が返ってくれればいいのですが、一行目を

int intReturn = 1234;

としておいても、0が返ります。

 

Tags: