モリー先生との火曜日

2008-10-16
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に本を読んで泣きました。電車の中でしたが、涙が頬を伝いました。人生の意義、愛のすばらしさを考えさせられます。

まだまだ僕のようなひよっ子には大事なものに気付くことができません。ただ、感じることからは逃げずに一生懸命生きていこうと痛切に感じました。