とんび

2009-01-06
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ただひたすらに純粋な親子の愛。電車の中で読んでいたのでどうにかこらえたが、自宅で読んでいたら確実に声を出して泣いていた。美しすぎる。切なすぎる。

自分にももうすぐ2歳になる息子がいます。ついつい自分と息子を重ねてしまいます。

この本は、すべての人に読んで欲しい。子を持つ親に限定はしない。この本は親子愛を語っているのではない、人の愛を語ったいる。そう感じました。すばらしい本でした。