RubyでMySQLに接続

2009-03-12
このエントリーをはてなブックマークに追加

MySQL/Ruby と Ruby/MySQL の二つがあるようです。どっちがどっちか混乱しましたが、MySQL/Rubyがgemでとってこれて、Cで書かれたAPIのようです。Ruby/MySQL はRubyで書かれているようで、比較的低速らしいです。今回はMySQL/Rubyを利用しました。

gem install mysql

で一式インストールできます。PHPのPEARやRubyのgemは、一度つかったらやめられません。これは堕落なのでしょうか。

で、今回はWindows上にMySQL5.0をインストールしてつないでみたのですが、バリバリ文字化けました。DBはUTF8で作ってあって、ソースも以下のようにUTF8であることを明記していました。

require ‘rubygems’
require “mysql”
require ‘iconv’

$KCODE = ‘UTF-8’

db = Mysql::connect(“ホスト名”, “ユーザ名”, “パスワード”, “DB名称”)
rs = db.query ‘クエリ’
rs.each do |item|
  p item[0]
end

なんでなんで?と調べていたら、my.ini(あー、iniってあたりがWindowsだなー、Linuxだとmy.cnfだったかな?)の[mysqld]に

default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

の追記が必要らしい。これはクライアントからの接続時に「文字コードはUTF8でっせ」とデフォルトで設定してあげるためのものらしいです。「set names utf8」と同じ意味ですね。これで文字化けずにWindows上でRubyとMySQLを利用することが出来るようになりました。

これまではC#とSQL Serverで統計とか集計のプログラム書いてたけど、Rubyの方がラクチンなんですよね。Railsばっかり注目されてますけど、Rubyは便利ですよ。

 

Tags: ,