FlexでHTTPServiceを使ってWebサーバ上のXMLを取得、利用する方法

2009-04-09
このエントリーをはてなブックマークに追加

HTTPServiceであればそのままバインドしてしまうのが一番簡単なのですが、Flex側で加工して使いたいときもあります。そういうときはハセテツはArrayCollectionに格納してから加工して使います。FlexBuilder3.0、MacOSX、Safari3.2で動作確認しました。

<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<response>
<item>
<id>1</id>
<name>hoge1</name>
</item>
<item>
<id>2</id>
<name>hoge2</name>
</item>
<item>
<id>3</id>
<name>hoge3</name>
</item>
<item>
<id>4</id>
<name>hoge4</name>
</item>
</response>

上記がサンプルのXML、これがhttp://localhost.hoge.xmlだとします。

private var list_connect:HTTPService = new HTTPService();
private function init():void
{
list_connect.url = “http://localhost/hoge.xml”;
list_connect.addEventListener(ResultEvent.RESULT,load_data);
list_connect.send();
}
private function load_data(event:ResultEvent):void
{
var modelData:ArrayCollection = new ArrayCollection();
modelData = event.result.response.item as ArrayCollection;
for each(var item:Object in modelData)
{
trace(item.id + ” / ” + item.name);
}
}

見たまんま、HTTPServiceの結果をArrayCollectionに入れてるだけです。簡単なんですけど、意外と手間取ったんですよね。。。