DjangoでMySQLのストレージエンジンをInnoDBにする

2010-07-27
このエントリーをはてなブックマークに追加

DjangoでMySQLを利用する場合、初期状態だとMyISAMでテーブルが作成されます。まぁ後からalterすればよい話ではあるのですが、なんかそれだと違うかなぁと。

一昔前はInnoDBはMyISAMほどパフォーマンスが優れず、更新系のテーブルと参照系のテーブルでストレージエンジンを使い分けたものですが、今はストレージエンジンによるパフォーマンスの差も少ないため、行レベルロックができるInnoDBを積極的に採用するケースが増えてるみたいですね。まぁ数千万行をレコードから数ミリ秒でレスポンスを返さないといけないケースとかではどうなるのかわかりませんが。

DATABASE_OPTIONS = {
“init_command”: “SET storage_engine=INNODB”,
}

settings.pyに上記を記載するだけでsyncdbするときにInnoDBでテーブル作成してくれます。が、この記述はテーブル作成が終わって運用にはいったら削除するように、とのことです。

MySQLとの接続が確立された後にわざわざストレージエンジンを指定するコマンドを送っているっぽいので、普段は無駄な処理が発生しちゃうっていうことなんですかね。