GoogleMapAPIで住所からマーカーをプロットする方法

2010-10-31
このエントリーをはてなブックマークに追加
以前のGoogleMapはマーカーをプロットするに座標を指定しないといけなかったのですが、その座標を調べるのに困った記憶があります。会社のプロジェクトではランドマーク情報を買ったこともあります。
が、もはやそんなことはしなくていいのです。これはおどろきです。GoogleMapAPIで住所やランドマークから座標を調べてプロットすることが可能になりました。恐るべしGoogle。
2010.10.31 21:21
GoogleMapにマーカーをプロットするサンプルページ追加しました。確かにコードだけだと不親切ですよね。
サンプルページは自分で好きな場所にマーカーをプロットできるようにしてあります。

<html>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=UTF-8″ />
<script type=”text/javascript” src=”http://www.google.com/jsapi”></script>
<script type=”text/javascript”>google.load(“jquery”, “1.3.2”);</script>
<script type=”text/javascript” src=”http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false&language=ja” charset=”UTF-8″></script>
<script type=”text/javascript”>
$(document).ready(function()
{
var map_block = document.getElementById(‘canvas’);
var geocoder = new google.maps.Geocoder();
geocoder.geocode({ ‘address’: “東急本店”}, function(results, status)
{
var map_options = {
zoom: 17,
center: results[0].geometry.location,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP,
scaleControl: true
};
var map = new google.maps.Map(map_block, map_options);
var marker = new google.maps.Marker({
position: results[0].geometry.location,
map: map,
});
});
});
</script>
</head>
<body>
<div id=”canvas” style=”width: 640px; height: 480px;”></div>
</body>
</html>

サンプルでは東急本店の座標を調べてそこを中心とした地図を表示、マーカーも打ってます。この例だと座標の取得にコケたら地図は表示されません。

まぁ、そこは地図の描画とマーカーのプロットを別の処理に分けてやればいいだけの話です。

地域情報サイトとか、作りやすくなりますよね。

こういうAPIを無料公開しちゃうあたり、Googleの恐ろしさを痛感します。日本の企業なら、確実に有料にするでしょう。

「リアルの情報までもネット上で整理するんだ」っていうGoogleの想いが伝わってきます。

MacOSXで鍵認証のSSHサーバにログインする

2010-10-23
このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsだとTeraTermとかがあるので秘密鍵のファイル指定とかあんまり意識しないんですが、MacOSXの場合は基本的にターミナルで接続するので、やや状況が異なります。

もしかすると知らないだけで、MacOSX向けのTeraTermみたいなSSHクライアントがあるのかもしれませんが。

ターミナル起動して、

ssh 接続先ホスト名(IPアドレスでもOK) -l 接続ユーザ名 -i 秘密鍵ファイル(ターミナルからの相対パスでもいいのかもしれませんが、フルパスが安心でした)

これだけなのですが、秘密鍵ファイルのパーミッションを事前に600にしておかないとエラーが出ます。

ちなみに、JellyfiSSHをつかうとログイン情報を保存しておけます。ただ、TeraTermになれたハセテツとしては秘密鍵ファイルを指定する場所がなかったために腰が抜けそうになりました。

が、SSH OptionsのCustom optionsに -i 秘密鍵ファイルへのパスと書いておくとそれでそのままログインできます。

ポート転送とか使いたい場合もこのCustom optionsに追記しておけば良さそうですね。

Tags:

iPhoneアプリ第三弾をリリースしました

2010-10-03
このエントリーをはてなブックマークに追加

今度のアプリは難しいです。難しくシンプルですが、ハマります。作った本人が思いっきりハマりました。w

ブロックの数字を足して、問題と同じ数になったらクリアボタンをタップ。正解していればブロックが消えます。

ただ消していくだけじゃダメで、「15」という問題で「5、5、5」を選択するか、「1、2、3、4、5」と刻むか、戦略性が問われます。ブロックを消し続けていくと、じわじわと難易度も上がってきますよ。

ぜひお楽しみください。

Tags: