Pythonでジョブキューしてみる

2015-08-02
このエントリーをはてなブックマークに追加

PythonでジョブキューするといえばやっぱりCeleryがスタンダードなんだろうか。RQというシンプルなジョブキューライブラリもあるんですけど、今回はCeleryを動かしてみる。

インストールは簡単。

pip install Celery

バックエンドはRabbitMQかRedisで使うのが良さそうです。手元の環境にRedisが入っていたのでそのままRedisを使ってみます。

from celery import Celery

app = Celery('tasks', broker='redis://localhost:6379/0')

@app.task
def task(message):
    return "Hello {0}".format(message)

上記をjob.pyとして保存しておきます。で、このjob.pyをワーカーとして起動。このワーカーがデキューしてくれます。

$ celery -A job worker --loglevel=info

いろいろログを出力して起動してくれます。ワーカーの起動はいろいろオプションがあります。デーモンとして動かしたり並列で大量に立ち上げたり。非常に便利。

で、エンキューはもうインタラクティブシェルでもできます。

$ python
Python 3.4.2 (default, Oct 16 2014, 01:53:40)
[GCC 4.4.7 20120313 (Red Hat 4.4.7-4)] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> from job import task
>>> task.delay("World.")

エンキューもこれだけ。
で、エンキューするとさっき立ち上げたワーカーの方でデキューしてジョブを捌いてくれます。

succeeded in 0.0014186919997882796s: 'Hello World.'

こんな簡単にジョブキューの仕組みが作れるなんて。