Pythonで標準偏差と偏差値を求めてみる

2016-04-04
このエントリーをはてなブックマークに追加
import numpy as np


def main():

    _v = np.array([35, 40, 45, 50, 100])

    _avg = np.average(_v)
    _std = np.std(_v)
    print(_avg, _std)

    _std_score = (((_v - _avg) * 10) / _std) + 50
    print(_std_score)

if __name__ == "__main__":

    # 偏差値@Wikipedia
    main()
54.0 23.5372045919
[ 41.92767352  44.05196996  46.1762664   48.30056285  69.54352728]

なんで標準偏差は関数があるのに偏差値はないんだろう。
あと、なんで偏差値は50を足すんだろう。0を中央にしてもいいと思うんだ。
学生向けに使うことが多い値だからマイナスというネガティブな値にマッピングされるされるのを避けたのかな。