PythonでRedisに書き出して有効期限も設定する

2014-07-26
このエントリーをはてなブックマークに追加

Redisは頻繁に使ってます。データベースとして使うって言うよりテンポラリキャッシュとして使うケースのほうが多いです。

import redis

_redis = redis.Redis(
    host=REDIS_HOST,
    port=REDIS_PORT,
    db=REDIS_DB)

_redis.set('key', 'value')
_redis.expire('key', 90)

有効期限の設定方法がわかりにくいというかピンとこなくて悩んだのでメモ。「キーに対してバリューと有効期限を設定する」っていうよりも「キーにバリューを設定、キーに有効期限を設定」っていう2段階、ってイメージでしょうか。

expireで指定する値は秒数。上記で90秒間有効です。

Python 2.7.5、redis 2.9.1(本体じゃなくてパッケージのほう)

Tags: ,

CentOS6.2にredisをインストールする

2012-04-18
このエントリーをはてなブックマークに追加


InstagramPinterestでも利用されているredisをCentOSにインストールしてみました。

現時点での最新版(2.4.10)をダウンロードして解凍、コンパイルしてインストールします。

wget http://redis.googlecode.com/files/redis-2.4.10.tar.gz
tar zxfv redis-2.4.10.tar.gz
cd redis-2.4.10
make
make install

で、セットアップ。起動スクリプトまで用意してくれます。
セットアップ中にいろいろ聞かれますが、デフォルトのままでいいと思います。

cd utils/
./install_server.sh

起動スクリプトはoffになっているはずなので、onにします。

chkconfig –list redis_6379
chkconfig redis_6379 on

で、起動しましょう。

/etc/rc.d/init.d/redis_6379 start

起動したらクライアントツールを立ちあげて、

redis-cli

redis 127.0.0.1:6379> set hoge hogehoge
OK
redis 127.0.0.1:6379> get hoge
“hogehoge”

こんな感じです。

んー、さて、何に使おう。