C#で作るフォルダ監視サービス

2006-02-07
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでWindows サービスを作るにはC++の知識が必須でしたが、.NETのおかげでかなり開発しやすくなりました。(処理速度的にどうよ、2000serverで動かないケースもあるよ、というのは置いといて)

まずは、フォルダの状態監視ツールでも作ってみましょう。

using System.IO;
//状態監視の宣言
Private FileSystemWatcher fileWatcher = new FileSystemWatcher();

Protected override void OnStart(strings[] args)
{
    //監視対象のディレクトリを指定
    fileWatcher.Path = @”E:¥watch_test”;

    //フォルダサイズが変わったらイベントを起こす
    fileWatcher.NotifyFilter = (NotifyFilters.Size);

    //起こすイベントの定義
    fileWatcher.Changed += new FileSystemEventHandler(OnChanged);

    //監視を有効にする
    fileWatcher.EnableRaisingEvents = true;
}

Public static void OnChanged(System.Object source,FileSystemEventArgs e)
{
    //これが変更時に起きるイベント
}

あくまでサンプルです。こんなチンケなことしかできないわけではありません。
もっと多くのことが監視できます。ま、さわりです。

ファイル単位で監視したり、フォルダも多くのイベント、状態を監視できます。
わずか数行のコードでこれだけのことができるのですから、すごいですね。

Tags:

XSLTを使ってXMLをCSVに変換する

2006-02-06
このエントリーをはてなブックマークに追加

業務アプリとかになると、色々な集計結果をCSVで出力する機能が要求されることが多いです。多いっていうか、ほとんどの場合あります。

.NETのDataSetは、XMLへの変換はメソッドを呼ぶだけで簡単にできるのですが、CSVへの変換はサポートしていません。これをなんとか効率的にやりたいなぁ、と思い、色々調べてみました。

<xsl:stylesheet xmlns:xsl=”http://www.w3.org/1999/XSL/Transform” version=”1.0″>
<xsl:template match=”NewDataSet”>
<xsl:apply-templates select=”Table” />
</xsl:template>
<xsl:template match=”Table”>
<xsl:value-of select=”Column_A” />,<xsl:value-of select=”Column_B” />,<xsl:value-of select=”Column_C” />
</xsl:template>
</xsl:stylesheet>

上記内容のXSLTファイルを作成します。XSLTとは、XSLT(XSL Transformation)でして、まぁ、XMLの変換テンプレートと思ってください。これを、hoge.xsltという名前で保存しておきましょう。

System.Xml.Xsl.XslTransform xslt = new System.Xml.Xsl.XslTransform();
xslt.Load(@”C:hoge.xslt”);

System.Xml.XmlDocument doc = new XmlDocument();
doc.Load(@”C:hoge.xml”);

System.Xml.XmlTextWriter csvWriter = new XmlTextWriter(@”C:hoge.csv”,System.Text.Encoding.GetEncoding(“Shift-JIS”));
xslt.Transform(doc.CreateNavigator(),null,csvWriter,null);
csvWriter.Close();

このサンプルはXMLファイルを読み込んで、それをCSVに変換してC:hoge.csvというファイル名で出力しています。

XSLTをみていただければわかるとおり、Column_A、Column_B、Column_Cというフィールドだけが出力されます。つまり、出力するCSVごとにXSLTが必要になります。フォーマットが決まっているのなら、まったく問題ないと思います。

このやり方は、速いです。1万件(フィールド数20件ほど)のXMLの変換に4~5秒でした。

Tags:

C#でのメール受信

2006-01-20
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめてこれを書いたときは、まだまだPOPのサンプルとかってほとんどなかったのに、最近いろんなとこで公開されてるなぁ。C#もだいぶこなれてきたかな。

大事なことは、メールの送受信の方法ではありません。
ソケットプログラミングの基礎を知ること、それとPOPコマンドを知ることです。

ソケットプログラミングを覚えると、FTPソフトなんかも作れるようになりますよ。

using System.Net;
using System.Text;
using System.Net.Sockets;
using System.IO;
using System.Diagnostics;

private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
{
//POPサーバと接続、ストリームを開く
TcpClient pop3Conn = new TcpClient(“メールサーバ”,110);
NetworkStream pop3Stream = pop3Conn.GetStream();

StreamReader stmReader = new StreamReader(pop3Stream);
Debug.WriteLine(ReadStreamLine(stmReader));

//ユーザ名を送信
SendStream(pop3Stream,”USER アカウントrn”);
Debug.WriteLine(ReadStreamLine(stmReader));

//パスワードを送信
SendStream(pop3Stream,”PASS パスワードrn”);
Debug.WriteLine(ReadStreamLine(stmReader));

//メールの件数を取得
SendStream(pop3Stream,”STATrn”);
string[] strMailCount = ReadStreamLine(stmReader).Split(‘ ‘);
int intMailCount = int.Parse(strMailCount[1]);

//メール本文の取得、件数分ループさせる
for (int i=1;i<=intMailCount;i++)
{
//i件目のメールをちょうだいというコマンドを送信
SendStream(pop3Stream,”RETR ” + i + “rn”);

string strBody = ReadStreamToEnd(stmReader);
Debug.Write(strBody);
}

//終了コマンドの送信
SendStream(pop3Stream,”QUITrn”);
Debug.WriteLine(ReadStreamLine(stmReader));

//ストリームを閉じる
pop3Stream.Close();
//サーバとの接続を閉じる
pop3Conn.Close();
}
private void SendStream(Stream pop3Stream, string strSendString)
{
//コマンドをバイト配列にしてストリームに流す
byte[] ByteData = Encoding.Unicode.GetBytes(strSendString);
int intByteDataCount = Encoding.Unicode.GetByteCount(strSendString);

pop3Stream.Write(ByteData,0,intByteDataCount);
}

private string ReadStreamLine(TextReader txtReader)
{
return txtReader.ReadLine() + “rn”;
}

private string ReadStreamToEnd(TextReader txtReader)
{
//本文開始のフラグ
bool blFlg = false;

//本文を作成するStringBuilder。stringに += していくのは効率悪い
StringBuilder strReturn = new StringBuilder();

//読み込んだ一行
string strBuffer;

//読み込んだ文字列のバイト配列
byte[] ByteData;

//配列数
int intByteDataCount;

while(true)
{
strBuffer = txtReader.ReadLine();
//”.”が来たら終了、メール1件の最後には必ずこれがついている
if (strBuffer.Equals(“.”)) break;

//ヘッダ部分と本文の境目は空白一行あるだけ。
//一行ずつ読んでいって、ここに来たらフラグを立てる
if (strBuffer.Length.Equals(0))
{
blFlg = true;
}

//フラグたってたら本文開始ということで、読み込み始める
if (blFlg)
{
ByteData = Encoding.ASCII.GetBytes(strBuffer);
intByteDataCount = Encoding.ASCII.GetByteCount(strBuffer);
strReturn.Append(Encoding.GetEncoding(“iso-2022-jp”).GetString(ByteData,0,intByteDataCount) + “rn”);
}
}

//StringBuilderをstringに変換して返す
return strReturn.ToString();
}

Tags:

実行している自分自身のパスを取得する

2006-01-16
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の居場所を知るのに使う

DirectoryInfo dirCurrent= new DirectoryInfo(“.”) ;
dirCurrent.FullName + “hoge.exe”;

だと、例えばデスクトップにショートカットを作成し、
そのショートカットをダブルクリックした場合はデスクトップ上の「hoge.exe」を指してしまう。
「現在イベントの起きたところ」という意味合いだろうか。

今回使ったのはこれ

Application.StartupPath

まさしく、アプリケーションの実行ファイルの位置を示してくれた。

Tags:

ディレクトリのサイズを求めるメソッド

2006-01-09
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディレクトリのサイズを一発で求めるメソッドはなかった。
つまり、ディレクトリのサイズを求めるには、そのディレクトリ内のすべてのファイルサイズを加算していく必要がある。
FTPコマンドでディレクトリサイズもとめる方法と同じである。
APIを直叩きすれば別の方法があるのかもしれないが、C#としてはこれが簡単であろう。

public long GetDirSize(DirectoryInfo dirBaseDir)
{
    long lngDirSize = 0;
    //ターゲットディレクトリのすべてのファイルの加算
    foreach (FileInfo filFilesInDir in dirBaseDir.GetFiles())
    {
        lngDirSize += filFilesInDir.Length;
    }
    //ターゲットディレクトリのすべてのディレクトリの加算
    foreach (DirectoryInfo dirDirInBaseDir in dirBaseDir.GetDirectories())
    {
        lngDirSize += GetDirSize(dirDirInBaseDir);
    }

    return lngDirSize;
}

Tags: