PostgreSQLのNULL判定

2006-09-04
このエントリーをはてなブックマークに追加

select coalesce(カラム名, ‘0’);

指定したカラムがNULLだったら「0」が返って来る。

select coalesce(カラム名その1, カラムその2名,’0′);

「カラム名その1」がNULLだったら「カラムその2」の値を使う。「カラムその2」がNULLだったら「0」を返す。

「ISNULL」はポスグレにはないらしい。

‘YYYYMMDD’形式の文字列から年齢を取得する

2006-06-19
このエントリーをはてなブックマークに追加

SELECT EXTRACT(YEARS FROM AGE(TO_DATE(文字列格納カラム,’YYYYMMDD’))) AS USER_AGE FROM テーブル名;

指定したテーブルのカラム一覧の取得

2006-06-14
このエントリーをはてなブックマークに追加

select attname from pg_attribute where attrelid = (select oid from pg_class where relname = ‘テーブル名’) and attnum > 0 and atttypid > 0;

格納しているテーブル一覧の出力

2006-03-24
このエントリーをはてなブックマークに追加

SELECT * FROM PG_TABLES;

もちろんWHERE条件を加えて絞り込むことも可能。まずは一覧を表示してみればどういう情報が出力されるのかわかる。

d

でも十分なんですけどね。