XSLTを使ってXMLをCSVに変換する

2006-02-06
このエントリーをはてなブックマークに追加

業務アプリとかになると、色々な集計結果をCSVで出力する機能が要求されることが多いです。多いっていうか、ほとんどの場合あります。

.NETのDataSetは、XMLへの変換はメソッドを呼ぶだけで簡単にできるのですが、CSVへの変換はサポートしていません。これをなんとか効率的にやりたいなぁ、と思い、色々調べてみました。

<xsl:stylesheet xmlns:xsl=”http://www.w3.org/1999/XSL/Transform” version=”1.0″>
<xsl:template match=”NewDataSet”>
<xsl:apply-templates select=”Table” />
</xsl:template>
<xsl:template match=”Table”>
<xsl:value-of select=”Column_A” />,<xsl:value-of select=”Column_B” />,<xsl:value-of select=”Column_C” />
</xsl:template>
</xsl:stylesheet>

上記内容のXSLTファイルを作成します。XSLTとは、XSLT(XSL Transformation)でして、まぁ、XMLの変換テンプレートと思ってください。これを、hoge.xsltという名前で保存しておきましょう。

System.Xml.Xsl.XslTransform xslt = new System.Xml.Xsl.XslTransform();
xslt.Load(@”C:hoge.xslt”);

System.Xml.XmlDocument doc = new XmlDocument();
doc.Load(@”C:hoge.xml”);

System.Xml.XmlTextWriter csvWriter = new XmlTextWriter(@”C:hoge.csv”,System.Text.Encoding.GetEncoding(“Shift-JIS”));
xslt.Transform(doc.CreateNavigator(),null,csvWriter,null);
csvWriter.Close();

このサンプルはXMLファイルを読み込んで、それをCSVに変換してC:hoge.csvというファイル名で出力しています。

XSLTをみていただければわかるとおり、Column_A、Column_B、Column_Cというフィールドだけが出力されます。つまり、出力するCSVごとにXSLTが必要になります。フォーマットが決まっているのなら、まったく問題ないと思います。

このやり方は、速いです。1万件(フィールド数20件ほど)のXMLの変換に4~5秒でした。

Tags: