RubyとPythonについて考えてみました

2010-04-27
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハセテツは複数の言語を状況に応じて使い分けてきましたが、最近のWeb系開発はPython(+Django)がメインになってきています。

ちょっと前までRuby(+Rails)だったのですが、いろいろと考えるところもあり、乗り換えました。その乗り換えた理由をまとめてみようと思います。

まとめてみたら「やっぱりRailsじゃね?」となるかもしれません。w

Ruby(+Rails)

  • Rails便利すぎる。
  • コントローラとモデルが別々のファイルになってくれるのはソースが追いやすい。
  • Railsを通さない画像やCSSはpublicフォルダに置けばよいのはわかりやすい。
  • urlディスパッチャーがいまいち使いにくい。(知らないだけかも)
  • APサーバはmongrel一択?
  • VirtualHost使おうとするとApache+Passenger(mod_rails)だが、これが重い。(チューニングで速くなるのかも)
  • というか、Railsがそもそも重い。
  • ちゅーか、Rubyが重い、遅い。
  • PassengerはWindowsじゃ動かない。
  • mongrelもPassengerより激速軽快かというと、そうでもない。
  • gem便利すぎ。
  • ワンライナで書く人が多くて、Perlとおなじ匂いがする。

ハセテツが使っていたRubyは1.8で、速くなったといわれる1.9には触れていないのでもしかすると古いのかもしれません。でも、Railsって1.9には対応してないですよね?(本日現在)

Python(+Django)

  • Django便利すぎる。
  • 日本語の書籍、情報が少なすぎる。(ハマるとキツい)
  • modelが一枚のファイルなので、大量のmodelがあると可読性が激しくダウン。
  • viewファイルをフォルダで分けたくても、アプリケーションフォルダ直下以外にviewファイル置くなら「sys.path.append」しないといけない。(違う?)
  • urlディスパッチャーのカスタマイズが超便利。
  • mod_pythonが使えるので、Windows環境だろうがLinux環境だろうが気にせずVirtualHostが使える。
  • 速い。
  • 日本語大変。Shift_JIS怖い。
  • easy_installでパッケージのインストールは楽だが、管理が悪夢。

メリットとデメリットが入り乱れました。見難くてすいません。

結局フルスタックのフレームワークということで、DjangoとRailsに関しては一長一短だと思います。個人的にはRailsの方が良くできてたかなぁと。

最終的に、「RubyonRailsは重い」というオチになってしまうのです。Rubyも、Railsも、です。ただ、これはRuby1.9が実は劇的に速くなっていて、1.9に対応したRailsがリリースされたらすべて解決されるのかもしれません。

それでも、いまのところPythonの軽快さ、シンプルさに満足しています。あと、GAEでPythonが動くのもいいですよね。

「Googleが導入した言語」というのがハセテツ的に琴線に触れたのかもしれません。

ミーハーですいません。w